English 日本語 中文  
一人当たりGDP2万ドルを超えた15都市  常州が第9位
 

 上海統計局が3月1日、『2018年上海市国民経済と社会発展統計公報』を発表した。2018年上海の一人当たりGDPは13.5万元に達成し、現在の為替レートで換算すると2万ドルを超え、先進国のレベルに達したことが明らかにした。

 国際機構は一人当たりGDP2万ドル以上は初等先進国の水準、3万ドル以上は中等先進国の水準に到達すると認定している。この基準によると、中国の各都市が発表した2018年の経済データ、2017年末の常住人口数で計算すると、一人当たりGDP2万ドルを超える都市は15もある。

 15都市は深セン、東営、エルドス、無錫、蘇州、珠海、広州、南京、常州、杭州、北京、長沙、武漢、上海、寧波で、総人口は1億4500万人を超える。


 
利赢彩票登录 利赢彩票登录 情報化弁公室が主催
利赢彩票登录 外事弁 利赢彩票登录 情報中心が引受